読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

詩人でしかない

読書

 詩人・中原中也

 

私にとって詩人といえば、

中原中也……

もう、この名前はね、

アイドルみたいに呼んでしまう。

詩が好きだし。もちろん。

生き様が詩人だし。

自由で、ほぼ詩のことしか考えてなかった人。周囲は大変。

生れてから死ぬまで、

ずーっと詩人でしかなかった人。

 

中也の友人で、恋敵でもあった、

評論家の小林秀雄が、ある文章の中で、

“生れ乍らの詩人”と、

中也のことを書いていた。

 

いいなあ、生れ乍らの詩人。

でも、いいなあで、なれるものでもない。

だいいち、生れ乍らなんだから、

生れてから努力したって仕方ないもの。

 

もう、何年も何年も、詩を書かなくたって、

ちゃんと息ができていた私なんかに、

何も言う資格はないのだ。

それでも書くけど。

 

あと、中也の詩集の、

全部のページの端を折るんだったら、

折らないのと同じなんだけど、折る。