眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

年越しの箱庭

 

年末年始もとうに過ぎましたね。

この間、世間一般と比べて特に忙しい自分でもなかったのですが、でも、気ぜわしい日々でした。

いつもと違う時間の流れの中では、普段通りのことも、

その時だけのことも、結局何にも手につきません。

その時その時、臨機応変に隙間時間で何かをするという

ことは、私には難易度が高いのです。

先月は、このブログも更新できなかったし。

という言い訳をしつつ……今頃、新年のお話です。

 

 

 

 

 (眠ってみた夢を素材に短い小説)

 

 

 

 

 新しき天張れ今や昨日を

古と呼ぶ時の来たりて

  

 

 新しい年がやって来ます。

この、何一つ醜いものとてない世界にも。

美しい上に、新しいを重ねるのですね。

 

夜空の星は凍っている。

茶色のレンガの敷かれた道に残る雪。

行き着くのは、白い木の柵に囲まれた、茶色の壁の家。

小さなその家の窓は丸い形、壁と似た色の屋根は三角形。

この家の女主人と二人で、今夜は新しい年を迎えるの

です。

 

暖炉のある居間は暖かい。

テーブルの上の幸せは、薄い紅色の花と、柔らかな緑の葉が描かれたティーカップ

茶の湯気、甘酸っぱいジャムのつまった、しっとりと

した生地のケーキ。

窓辺のさびた鳥かごの中のドライフラワー

 

『昔々に見た春の一面の花畑。

ピンクと白と黄色、濃く、薄く……

午前中の澄んだ明るい空と空気。』

 

『夏の海の地平線のあたり。

真っ白な雲と青空の、はっきりとした境目。

海の冷たさ、砂の熱さ。』

 

『秋は金色の葉を降らせる木々。

森の小径の冷んやりとした外気。

そして、高い所から見た黄昏……紺色と紅色の侵食しあう空。

星たちが、どれほどくっきりと近く迫ったか。』

 

ねえ、見て。

どの思い出の風景も 、両の手のひらに乗る箱の中に

あるわ。

いくつもの箱庭の中の緻密さ、美しさ。

でも切ないのは、二度と本当には手に入らないものたちだと知っているから。

 

悲しい顔はしないで。

今日は一年最後の日。

箱庭の天幕を張り替えましょう。

 

明るい水色の春の空に、柔らかな黄色のお日さま。

鮮やかな青い夏の空に、真っ白な雲。

紫が移り変わって行く秋の空に、銀色に輝く星座。

 

新しい年が来る、

新しい空を張る。

その下の風景が、いつまでも、このままあれますように。

朽ちて崩れて、吹いてくる時にさらわれてしまいません

ように。

 

……今、新しい年が来たわ、

私たちの天幕も新しくなったの。

年越しの箱庭の世界。

私と、この家の女主人、二人のくつろぐ居間。 

 

私たちの天幕を張り替えてくれたのは誰。

その白い指でしょう。

息をひそめるあなたでしょう。

 

それならあなたのいる箱庭の天幕は、誰が張り替えて

くれるの。

軽いため息をつきながら、三日月を灯してくれるのは誰。

 

みんな誰かの箱庭の住人。

ただ、歩いても歩いても、道はどこまでも続き、森は深くなるばかり。

止まったはずの時の中に住みながら、今日の幸せの数えて永い。

 

何重にも重なって行く箱庭の、そちらのあなたは何番目にいらっしゃいますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (眠って見た夢を素材に短い小説)

 

 

 

 

 

一寸の先の昏さに指を切る

 

 

 一秒前の踏み板もなし

 

 

  (標準語ではないので、わかりにくいところは、

 “フワッ”と理解していただければ……)

 

 ええんやって、お父ちゃん。うち、これまで働くのが嫌やと思たことなかったし、むしろ好きやしな。

 学校行ってる時は、あんまり勉強できんかったけど、なんとか高校出て、今のスーパーに正社員で雇てもらえて、それでもう十二年や。ほんま良かったと思てきたんで。

 そりゃ最初は、ぼんやりのうちのことやから、失敗して怒られて泣いたりしたけどな。

 今では、お歳暮商戦で雇うバイトの子らに仕事割り振るんも私の役目や。

 まあ、今でもたまあにミスすることもあるけど、自分でなんとか後始末できるしな。

 お父ちゃんは、よううちのこと、運が悪い子や言うてたけど、この仕事につけたいうこと考えたら、そんなでもなかったやろ。

 

 うん、たしかに、最初言うてたよりは長うかかったな、借金返し終わるの。

 でも、しょうがないわ。お父ちゃんはもともと体が弱あて、ようけ病気 もして、働けれん時もさいさいあったし。うちはまだ子供で、助けてあげれんかったしな。

 その頃できた借金がふくらんで、なかなか返し終わらんかったんやけん。

 うん、だから、うちが働いて借金返す手伝いしてきたんは当たり前なんよ。子供のうちがおったから、なおさら生活が苦しなって増えた借金なんやから。

  でも、もう終わりやな。来年からは貯金もできるな。生活の方は、お父ちゃんのお給料と、お母ちゃんのパートのお金があるから変わりなしやし。もちろん、うち給料から家に食費入れるよ。いや、食費やって。なんか、普通のOLさんみたいやん!だから、家の方は変わらんいうより楽になるで。

 

  それより、今度の日曜、あのお嬢さんの結婚式行くんやろ。お父ちゃんが持って行くお祝いのお金、うちからも少し出そうか?

 あのお嬢さんやったら、きれいな花嫁さんやろなあ。

 でも、あの時はびっくりしたわ。お父ちゃん、若うてきれいな人と喫茶店から出てくるんやもん。俺の友達の娘さんなんや、結婚式の招待状もろたんやあ言うて、嬉しそうに。

 うちもこれから結婚資金貯めるわ、ま、相手もおらんから、そんなに焦らんでもええわ、ゆっくりで。そう、うちはゆっくりなんよ。お父ちゃん、昔から言うてたもんなあ、お前は人より十年遅れとるって。

 え、うちがあのお嬢さんみたいに、きれいで頭のええ子やったら良かったのにって ?そしたら、ええ結婚相手が見つかったのにって?

 無理言わんといて、生まれ持ったもんが違うわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いらっしゃいませ……あ、父の友達の、娘さん、まあ、お買い物ですか。ええ、そうなんです、ここの進物コーナーで働いてるんです。そうですねえ、今はお歳暮のシーズンなのでバタバタしてます。あ、今度の日曜日、結婚式ですね、おめでとうございます。父も、はりきってスピーチの練習してるんですよ。……お昼ごはんですか、まだですけど、あ、ご一緒に?はい、向かいのパスタのお店、はい、わかりました、十五分位で行けます。」

 

 「どうもお待たせしてすみません。……あ、私もそれで、“今日のパスタ” で。……え、一度会いたかったって、私にですか?恥ずかしがりやだからって、父が……ええ、そうなんです、たしかに初対面の方は緊張するというか、ああ、仕事だとわりと平気になるんですよね、なんででしょう、商品の話しかしないからですかね?」

 今も実は、あがり気味やし。

 それにしても、近くで見てもきれいな人やなあ。その上、優しそうなしゃべり方で、上品な感じで。

 賢そう、って、実際賢いんやったわ。K大学卒やいうて、お父ちゃん言うてたわ。

 こういう人を才色兼備いうんやなあ。うちとはえらい違いや、うらやましいなあ、うちも、こんな風に生まれたかったなあ。

 「……え?あ、すみません、ちょっと、見とれ、いえ、なんでもないです、えっと、感謝、って父に……私にも?」

 

   ……このお嬢さんのお父さんて、体壊して、十年ぐらい前から入退院繰り返してるんや……それは、お父ちゃんから聞いてなかったな。だから、お嬢さんも行きたかった私立の中学や高校を諦めようとして……へえ、そういうことがあったんや。

 え、それを聞いたうちのお父ちゃんが援助を申し出た?

 それからずっと、このお嬢さんが大学出るまで援助して、嫁入り支度も応援したって?   お父ちゃん、借金返すの大変やったのに、そんなお金どこにあったんやろ?

 

 うちが、勉強嫌いやから大学には行きたくないって?

  結婚して自由がなくなるんも嫌やから、一生独身でいたいって?

  お父ちゃん、うちのこと、そんな風に話してたん?

 そんなん、嘘やん。

 そりゃ、このお嬢さんみたいにK大学は無理やけど、大学には行きたかった。

 結婚資金やって貯めたかったけど、家にお金無くて諦めてたんやん。

   お父ちゃん、いっつも「借金返し終わらんから、金出してくれ。」言うて。だけん、うち、ちょっとのお小遣いの他は、給料みんなお父ちゃんに渡してきた。

 それに、 お父ちゃんの勤めてる会社かて潰れかけや言うて、「また給料下がったわ、ボーナスもなくなったが。」ばっかり。

 うちもお母ちゃんも、節約、節約で、お父ちゃんを助けてきた。

 

 「……そうです。お父ちゃんの言うてた通りです。」

 うちの声、シーンとした声や。こんな声、自分でも初めて聞くなあ。

 「私がお父ちゃんの期待を裏切って、私の大学や結婚のために貯めてたお金を無駄にしてしもて。だから、そちらの援助にまわしたんです。うちも、その方がええんちゃうって、たしかに言いました。うちはうちで自立するから言うて。」

 なんでうちまで嘘ついてるんやろ?

 昔っから借金だらけの お父ちゃんに、うちの為に貯めてたお金なんかあったはずない。

 それ、うちの働いた給料やん。

 それと、お父ちゃんがうちの家に入れる生活費を削ってたぶんや。

 

  そんなホッとした顔せんといて、お嬢さん。

 まあ、するかな。もし、うちにちゃんと話が通ってなかったんやったら、いくらかでもお金を返さな思てたいうて、そんな心配せんでええようになったんやから。

 有名大学出て、せっかく大きな会社に入ったのに、そこで知りおうた人と結婚するからいうて半年で退社した?せっかく援助してもろてきたのに申し訳ないって、そう思うんやったら、いくら相手に専業主婦がええ言われたからいうて、寿退社なんてやめたらええやん。

 このすぐそばに、相手の両親に家建ててもろたんやって?ああ、知ってるわ、自転車で家帰る道沿いに最近建った、あの白いおしゃれな家やろ?

 昨日、妊娠もわかったって、ええこと続きで良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 「ただいま、あ、お父ちゃん、もう帰ってたんや……あのな、今日、この前のお嬢さんに会うたで。……そう、今度の日曜に結婚式する人。何か話したかって?うちら家族に、新居に遊びに来て欲しい言うてたで。……行かんの?なんで?べつに、うち一人でも行くけど……なんよ、なんで行ったらいかんの?なに怒ってるん?」

  ……

 「変なお父ちゃんやなあ。うちや、ええお友達ができて、めちゃめちゃ嬉しわあ。」