読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

短歌から詩を創る

この三日間は、

当日、私の短歌ブログに載せた短歌をもとに詩を創り、

こちらのブログに書きました。

ブログ以外でも、初の試み……

さっき短歌を詠んだばかりだから、

心情的には、そのままなので、

わりとスムーズに創れるかなと思ったのですが、

そうでもなかったですね。

その時に思っていたことというものは、

わずかな時間の経過の中の、微々たる変化だとしても、

まったく同じままではいられないのだと気づきました。

だとすると、数年も経ってしまったら、

ガラッと考えが変わってしまった、なんていうことも、

誰にあっても、おかしくないですね。

 

詩のもとになった短歌は、次の三首です。

 

十四日

怒りとは心臓の前宙に浮き私の視線に震えて悲しむ

 

十五日

空滑り白き息吐くお月様地上の誰を今見ているか

 

十六日

凍る夜探し回るは言葉なり美しものへ最後の献上

 

(短歌は始めて一年あまりなので、いろいろ大目に見てください……)

 

先月の十六日に始めたこのブログも、一か月を過ぎました。

意志がトーフでできていると周囲から言われる私ですが、

何とか続いています。

これからも、いろいろ書いていこうと思っていますので、

よろしくお願いしますね。