読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

風と共に……

読書

 マーガレット・ミッチェル 著  “風と共に去りぬ” 

 

風と共に去りぬ

世界的に有名な映画ですね。

私が初めて見たのは、小学校の四年生だったと思います。

とても感動して、そして今も、これ以上の映画に出会えていません。

 

アメリカの南北戦争を背景にした、この映画。

混乱の中を強く生き抜いて行く、主人公スカーレット。

どれほど憧れたことでしょう。

 

映画を見て、すぐに原作を読みました。(長い小説でした)

そして、映画に負けない程、感動しました。

小学生に、女の半生の何がわかったのかと言われれば、

全部はわかってなかったとは思うのですが。

(実は、今、この年齢でもよくわかりません)

 

数年後、再び映画を見て……

ああ、小説から映画化されるにあたって、ずいぶんカットされているのだなと。

原作を読んだ時よりも強く思いました。

まあ、あれだけの長さの原作を、完全に映画化するのは無理でしょうね。

それでも長時間の映画になってますが。

(なぜカットしたのか、本当のところは知りません)

 

月日は流れ、子供だった私も、今ではスカーレットより年上になってしまいました。(その間、映画は何度も見ました)

彼女のように、運命を殴り倒し(?)ながら生きるはずだった人生。

ですが、自分の性格ゆえか、運命になめられっぱなしとなりました。

それでも、“風と共に去りぬ”の、あの壮大なテーマ曲をどこかで聞くと、その度に、まさに血が沸く思いで“生き抜こう”と思うのです。

(この時、頭の中には、タラの地で、拳を握りしめ、生き抜いてみせると誓うスカーレットの姿が浮かんでいる)

ふだんはヘナヘナな私ですので、そういう瞬間が本当に必要だと思います。

 

小説のほうも、三度目となりますが、読みたい気分です。

居眠りさえしなければ、時間は作れるでしょうか。

ところで、スカーレットは、居眠りするタイプではないですね……