読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

宿舎

夢素材

 (眠って見た夢を素材に、短い小説)

 

 “ふわふわさん”と呼ばれていたの。

 本当に、ふわふわした女の子だったわ、私。

 末っ子で、家で甘やかされて育てられた。

 学校でも、友達がよく面倒を見てくれた。

 大好きな彼氏も、私の世話をするのが好きって言っていた。

 

 でも、もう“ふわふわさん”じゃいられない。

 私は、軍人になったのだから。

 突然、自分の国と、遠い国とで始まった戦争。

 高校の卒業式で行われた、くじ引き。それに当たって、軍人になってしまった。拒否権はなかった。

 他にも、くじに当たった子達が、何人かいた。皆、どの部隊にいるんだろう。

 

 軍隊の訓練は厳しかった。女性ばかりで、毎日、朝から晩まで走ったり、斜面を登ったり、くたくただわ。

 あまり運動が得意じゃない私の成績はひどいものよ。

 宿舎に帰っても自由じゃない。食事も、お風呂も、時間が決められていて、ちっともゆっくりできやしない。

  おまけに、外出もできない。買い物にも行けない。

 面会に来てもらって、自由に人とも会えない。

 電話やパソコンも使えない。

 軍隊って、こんなに不自由な所じゃないはず!

 もっと自由なはずよ!

 何かおかしい。

 

 早く戦争が終わらないかなあ。

 そしたら、また、“ふわふわさん”に戻るんだ。

 「ねえ、お願い。」

って言って、何でも望みを叶えてもらうの。

 楽しみだなあ。

 

 厳しかった夏が過ぎて、秋も終わりに近い。軍人になってから、もう半年以上だわ。

 戦争、なかなか終わらないのね。

 そういえば今日は、大事な発表があるって聞いたわ。何だろう。

 集まった私達に向かって、位の高そうな男性の軍人さんが告げる。

「今から名前を呼ぶ者は、他の部隊と合同の選考会に出てもらう。」

 何の選考会かは、教えてもらえなかった。

 部隊でたった一人選ばれた私にも。

 不安。

 

 選考会の会場に向かうため、乗り込まされた暗い緑色のバス。

 中は女性でいっぱい。

 「今日は、いろんな所で選考会なんですって。もちろん男の人も。」

 会話が聞こえてくる。

 いったい、何の選考会なの。

 もしかして、戦地に送られるんじゃ!?

 でも、私みたいな、訓練の成績の悪い子が?

 

 バスが着いたのは、山に囲まれた広い広い運動場のような所だった。

 その運動場のいたるところに、直径十五センチ位の穴が、極浅く掘ってある。そして、そこに置かれた白いカード。

 私の部隊で選考会の話をした軍人が言う。

「諸君、自分の名前が書かれたカードを探すのだ。そして、その穴を掘って行きなさい。問題の書かれた用紙が出てくるたびに、解いていくのだ。」

 え、計算問題?私、数学、苦手なのに。

 こんな時に彼氏がいてくれたら。数学得意だったのに。

 

 たくさんのカードの中から、やっと自分の名前を探し出し、スコップも与えられずに穴を掘り始める。

 一枚目の問題。

〈自分の希望を叶えない恋人に重傷を負わせたことを認めますか〉

 何、これ。

 二枚目の問題。

〈自分の希望を叶えない友人に重傷を負わせたことを認めますか〉

 ……

 三枚目の問題。

〈自分の希望を叶えない両親に重傷を……〉

 

 問題は、解いても間に合わないものばかり。

 

 …戦争は終わったのか、続いているのか…

 

 ここは、軍隊の宿舎ではなかったのですね。変だと思っていましたよ。

 

 …問題用紙はどこかに消えたけれど、考えることはわかりました…

 

 さあ、今日もまた、ここでの生活を始めましょう。