読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

奇跡

(私のブログ“ひと夏の 永き”より・詩)

 

奇跡

 

指先一つ 視線一つの気ままな采配で

命は世界へ振り分けられたのか

朝の光は眩しくて

崇高な何かを信じられそうな気もするのに

けれど 昼間の雑踏の偶然は痛みを伴い

訴えて楽になりたくなる

どこか遠い処で 私を俯瞰している誰かに

 

そこでは常に音が聞こえていますか

人間たちの放つ 幸せや悲しみの吐息が

一瞬何も聞こえなくなる位の大きさで

吹き荒んでいますか

 

足が痛くて 昨日一日ぼんやりしてしまった

今朝は眠気を脱ぎ捨てて

薄い衣のまま 肌寒くても

嬉しいことを思って歩く

 

私の奏でる音が舞い上がり

他の音たちと触れあって

やがて小さな良い奇跡が降ってくること