読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

音楽のある時間

日々

私は別に、一日の大半を、

音に触れていたいというような人間ではないけれど。

それでも、元気を出したい時と、

眠りにつく前には、音楽がほしくなる。

 

元気を出したい時は、

やっぱり歌詞のある歌がいい。

音楽重視で、歌詞は大体しか聞いてないという人もいるけど、

私はもう、歌詞の意味が分からないうちは、

落ち着いて聞いていられないので。

だから、聞くものも日本語の歌に偏ってしまう。

(外国語の場合は、歌詞の意味は、あきらめましょう)

 

そして寝る前は反対に、歌詞のない曲がいい。

歌詞に感情移入してしまうこともないし。

感情移入したって、すぐ眠ってしまうのは、

わかってるんだけど。

すぐに眠りすぎて、CDの二曲目の途中からは、

聞けていないものだから、

昼間、一枚通して聞くと、

あ、こんな曲の中で寝ているのかと、

はっとしたりする。

 

でも、曲の感じと、夢の内容は、

私の場合、関係ないような。

あんな美しい音楽を聞きながら寝てるわりに、

悪夢が多いもの。