読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

お題スロット「秋の夜にしたいこと」

お題スロット

お題「秋の夜にしたいこと」

 

秋の夜長にしたいこと……

 

たとえばそれは、翌日の予定が特にない、

風のない静かな夜。

家族や猫も、別室で寝静まり、

夜更かしは続くよ、どこまでも。

 

熱い紅茶とクッキーを用意したなら、

手に取るのは、外国の古い小説。

重厚な表紙でなく、安価な文庫本だけど、

内容は同じはず。

 

家事だとか、突然の電話や訪問者。

それに、家族や猫の「ごはーん」や「おやつー」

なんて声にも煩わされない。

 

さあ、いつかの、誰かの、

哀しみや、喜びのさなかへと……!

時間はたっぷりあるんだから。

 

……あ、さ?

朝、なんで朝?

 

少し読み疲れたからと、

途中で横になって読んでいたのが、

今回の敗因か。

はたして何回目の。

 

秋の夜は、私の場合、

別に長くない。

暑くなく、寒くなく、

非常に眠りやすくて、

前後の季節より短くなるほど。

 

まあ、今回も、

雰囲気を楽しんだということで。

 

雰囲気といえば、子供の頃、

憧れた“秋の夜”というものがあったっけ。

その頃買っていたマンガ雑誌の付録に付いてきた、

ファイルに描かれたイラスト。

 

洋風の高く大きい窓。

その外には夜の深い森。

フクロウも枝にとまっている。

部屋の中には、

ひざ掛けを掛けた少女が、本を広げている。

傍らには、紅茶と、落ち葉と……

 

確か、そんなイラストだった。

大人になったら、

そんな素敵な“秋の夜”を過ごせると夢見ていた、

少女だった私。

 

まさか、本当の夢を見て、

朝まで過ごすことになろうとは。

なんか、けっこうな悪夢だった気がする。

眠ったっきり起きなくて、

やっと起きたと思ったら、

実は夢の中、

え……?