読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りの南

正座したまま一時間眠れる、そんな主婦の、読み書きと猫の日々

家が愛しい

家が好きだ。

自分の家という意味ではなく、

建物としての家。

 

赤い屋根、

緑の屋根、

屋上付き。

 

白い壁、

木の壁、

赤茶のタイル。

 

新しくてかわいい家、

少し時を重ねて味わいの出てきた家、

古くて趣のある家。

 

どんな家が特に好きということはないけれど、

でも、見た瞬間、あ、いいなと思う家はある。

出会った時に、家から拒否されていない、そんな感じを受ける。

 

車の助手席から、

別の日は、道を歩いていて。

いいなと思う家に出会うと、とても嬉しい。

 

でも、車はすぐ通り過ぎるし、

歩いている時でも、立ち止まって、

じっと眺めたりはできない。

仕方なく、また会いに来ようと思う。

愛しい。

 

これが夕方で、

家々に灯りがともりだすと、

なお一層愛しさは増す。

トン、トンと玄関のドアをノックして、

訪ねて行きたくなる。

 

今、何してますか。

晩ごはんは何ですか。

今夜見るテレビ番組は何ですか。

 

そして気付く。

私が愛しいのは、

建物としての家だけではなく、

その内部にまで及んでいることに。

玄関に花はあるの、

居間のクッションは何色、

犬か猫がいるのね。

 

ねえ、どんな風に幸せなの。

 

想像できるのは幸せだけ。

笑顔だけ。

 

わかっているけれど。

どの灯りのもとにも、

今、悲しみがあるかもしれない、

明日への不安があるかもしれない。

 

やがて、星が瞬いて、

その下に家が並んで、

絵本のようになる頃。

私は私の想像をなだめて、

少し冷えた祝福を、

夜気に乗せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三つの見解

一人の人間に、一つの見解なんだろうか?(振れ幅はあれど)

 

約一カ月ぶりに更新したとたん、変なことを言うようですが。

この問題で、なかなか更新できなかったのですよね。

 

人間誰しも、気分が良くて、何でも許せてしまうという日もある。

上手く行かないことが重なって、やけになることもある。

世間に向けて、表の顔とやらを使う時もある。

 

そういうことじゃないんですけど。私の場合。

その日に何があって、どんな気分でいようと、

私の中に存在する、一つの問題に対する三つの見解。

善い・一般的・暗い。

振れ幅なし。

正反対の見解もあり。

それに対して、特に矛盾も感じてません。

多重人格ではないですよ。

 

このブログを書く前からの、

短歌をつくって一日一回更新しているブログ。

三つの見解が邪魔だったけど、

短歌ということもあり、抽象的な表現で乗り切っていた。

でも、だんだん息苦しくなってきて、

もっと自由に書ける所を求めて、はてなに来た。

もっと苦しい。

思ったままを書いていると、

以前の記事が嘘に見える場合が出てくる。

嘘なんて一度も書いたことないのに。

 

結局、三つ目のブログをつくった。

 

Amebaブログ“ひと夏の 永き”は、

善い私が、清らかな気持ちで短歌を詠む。

 

gooブログ“風の形が見える”は、

暗い私が、ぶつくさ愚痴を言う。

 

そして、このブログでは、

一般的な私が、いろいろ考えて書きたいと思います。

 

はー、すっきりした。

これで、これから各ブログ、

ストレスなく更新できます。

 

それと、いないとは思いますが、

他のブログを、わざわざ見に行かなくていいですからね。

そういう意味でブログ名を書いたのではないので。

 

それでは、これからも、このブログをよろしくお願いします。